|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

あわの餃子

マクロビオティックレシピでは、あわの餃子を作りました。雑穀の“あわ”をキャベツやニラなどと一緒に餃子のタネにしてみました。
あわの餃子

ランキングに参加しています。レシピの前に応援していただけたら、とても嬉しいです♪♪
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

餃子の皮にあわを練りこむことも出来ますが、今回は簡単に作れるように皮は市販のものを使いました。
あわは、雑穀の一種で黄色の小さい粒です。ぷちぷちとした食感で甘みがあるため、雑穀初心者には食べやすい方だと思います。あわには、たんぱく質のほか、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています。特にビタミンB1や鉄分・マグネシウムなどに優れているので、定期的に摂取することをおすすめします。今回は炊いた、あわを使用します。あわの炊き方は−
まず、あわをボウルに入れます。そこへ水を入れ軽く洗い、水を捨てます。水を捨てる時は、目の細かい茶こし等を使用して下さい。数回繰り返し、1時間ほど水につけておきます。最後にもう一度軽く洗い、炊飯器に入れ、給水前の“あわ”の1.5倍の水を入れ白米モードで炊きます。

★あわの餃子★
あわの餃子2

材料(2人分)
1人分のエネルギー212kcal

あわ(炊いたもの)---60g
キャベツ---60g
ニラ---20g
青ネギ---20g
しょうが-----1かけ
ごま油-----小さじ1
餃子の皮-----8枚

作り方

1. まず、あわをたいておく。

2. キャベツとニラはみじん切りにし、塩をひとつまみ入れ、水分を出し水気を切っておく。

3. 青ネギは小口切り・しょうがはみじん切りにしておく。

4. ボウルにあわと2と3の野菜とごま油を入れ、よく混ぜ合わせる。

5. 4を8等分し1枚の餃子の皮に1つ分の具をのせ、餃子の皮のまわりに水をつけながら、ひだを作るように折りたたみながら包み込む。

6. 鍋にたっぷりの水をわかし、5の餃子を入れてゆでる。

7. 再び沸騰して餃子が浮いてきたら、もうしばらくゆで、器にとり出来上がり☆☆☆

いつも応援ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、ランキングボタンをクリックしていただけたらとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます