|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

柿ととろ〜りとろける酒粕チーズの春巻き

マクロビオティックレシピでは、柿の日にちなんで、柿ととろ〜り酒粕チーズの春巻きを作りました。
柿ととろりとろける酒粕チーズの春巻き












ランキングに参加しています。レシピの前にぽちっとしていただけたらとても嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

柿は日本では古くから食べられています。西暦1000年よりも前の書物にも書かれているそうです。欧米でも『KAKI』で通じるるそうですよ。日本にある柿の種類はなんと1000種類以上にもなります。大きくは甘柿と渋柿にわけられます。中でもいちばん食べられているのが甘柿の一種富有柿です。そして同じく甘柿の次郎柿ですね。
今回のレシピも甘柿を使っています。

酒粕チーズを作る時、酒粕が溶けきてから、もうしばらく火にかけ混ぜ続けるとふわふわになってきます。少しふわふわになった方が柿には合うと思います。

今日のレシピには使わなかったのですが、この中にレーズンを入れても美味しいんじゃないかと思うのです…が…。

☆柿と酒粕とろ〜りとろけるチーズの春巻き☆
柿ととろりとろける酒粕チーズの春巻き2






材料(2人分)
1人分のエネルギー204kal

柿・・・1個
春巻きの皮・・・2枚
酒粕チーズ
酒粕・・・20g
豆乳・・・1/2カップ
酢・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・適量

作り方

1.柿は皮をむき種をとって拍子切りにする。

2.小鍋に酒粕チーズの材料を入れる。酒粕は小さくちぎりながら入れる。弱火でくるくると酒粕が溶けるまで混ぜる。もうしばらく混ぜ続け、ふわふわになったら火をとめる。

3.春巻きの皮の手前に柿を並べ、酒粕チーズをのせる。手前を折って、柿とチーズを包みこみ、両側からもおり、くるくると細長くなるように巻き込む。最後は水を塗るようにしてとめる。

5.フライパンの底がひたひたになるくらいのオリーブオイルを熱し、春巻きの表面に焼き色がつくようにくるっと回転させながら全体に焼きめがつけば出来上がり☆☆☆

柿に火が入り過ぎないように春巻きの皮だけ焼ければOKですよ。


実はこの酒粕のチーズは、私の大好きな vege dining 野菜のごはん のizumimirunさんのレシピより拝借いたしました。この酒粕チーズ、ふわとろ〜っとしてて本当に美味しいんです。
最初はizumimirunさんのレシピ通り温野菜につけて食べていたのですが、なんとなしに柿につけてみたところ、これがまた美味しいんです!!そこでこの柿と酒粕チーズ、放っておく手はないと、早速レシピさせてもらいました。酒粕のチーズはizumimirunさんのレシピ通りの分量にしてあります。余ったぶんは温野菜などにつけて食べて下さいね。

いつも応援ありがとうございます。お手数をおかけしますがランキングボタンをクリックしていただけたらとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます