|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

加齢黄斑変性症の予防食

昨日もお話したように、先日テレビでやってた、「加齢黄斑変性症」。その予防食が職場で流行りです。いつもテレビで見たらすぐに影響されるんだけど長続きはしません。 なので…あんまり意味のないブームなのですが…。と、思いながらもお弁当も「加齢黄斑変性」予防食にしてしまいました。(笑)

なにがどう予防になっているかを今日お話しすることにしていました。まずはその「加齢黄斑変性」とはどんな病気なのでしょうか。

加齢黄斑変性症には萎縮型と滲出型(しんしゅつがた)があり、萎縮型(いしゅくがた)は黄斑の老化による変化が激しいもの、滲出型は目の網膜の中で細い血管が新しく出来ることにより、視界の中心が遮られてしまうものだそうです。

欧米では高齢者の失明原因の一位だそうです。目のかすみや物が歪んで見えるなどの症状が出たら要注意。たまには片目で見るなどして、見えかたのチェックなどをすることも大切です。

この加齢黄斑変性症の予防にビタミンC・E、β-カロテン、亜鉛、ルテインが良いそうです。中でもルテインが効果的だそう。ルテインの豊富な食材はケールですが、まず普通に食べる事はないですよね。次に多いのは、ほうれん草で、他にはブロッコリーグリンピースかぼちゃなどがあります。ルテインは1日6mgを必要としますが、これは、ほうれん草ならば60g、1/3束分となります。

ビタミンC・Eやβ-カロテンなどは、まず菜食をしている私達に不足は無いと思うのですが、亜鉛ってどうなんでしょう。亜鉛を含む食品と言えば、カキなどの貝類やチーズ、牛肉などが代表的です。ちょっと不安になってしまいます。でも大丈夫。亜鉛は、大豆類の木綿豆腐納豆きなこ味噌にも含まれています。また、胡麻ナッツ類きのこ海草などにも含まれているんです。意外なところではキウイなどもそうです。

こうやって見てくると、昨日のお弁当がなぜ予防弁当だったのかおわかりいただけると思います。

まず、ほうれん草・かぼちゃ・ブロッコリーにはルテインを始め、ビタミンC・E、それにβ-カロテンも含まれています。そして、ルテインやビタミンE・β-カロテンは脂溶性のため、油と一緒に摂らなくては吸収が悪くなってしまいます。そのため、ほうれん草をオリーブオイルで炒めています。そして、亜鉛摂取のために、木綿豆腐と油揚げ、湯葉と大豆製品を使用しました。

これで加齢黄斑変性症の予防のお弁当となったのでした。


★いつも応援ありがとうございます。お手数をおかけしますが、1日1クリックしていただければ、とてもうれしいです。どうぞよろしくお願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます