|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

日本茶 の ポリフェノール 以外の効果

昨日は、緑茶ポリフェノールの効果についてのお話しでした。今日はそれ以外の緑茶効果についてお話しします。

緑茶にはポリフェノール以外にも色々な健康に効果のある成分を含んでいます。カフェインテアニンもそのひとつです。カフェインはコーヒーなどにも含まれていて、眠気を醒ます効果は、皆さんもよくご存知だと思います。

またカフェインは血液の循環を良くし、新陳代謝を高めてくれます。血液の流れが良くなるため、低血圧の予防にもなるそうです。そのほか大脳を刺激し、記憶力の向上や集中力を高めるのに役立ちます。利尿作用にもすぐれているため、むくみをとる効果も期待できます。

緑茶にはビタミンCも豊富に含まれています。緑茶のビタミンCは熱にも強いため、温かいお茶でも効果は変わりません。ビタミンCはポリフェノール同様、活性酸素の働きを抑制する働きがあります。美容効果としては、抗酸化作用でメラニンの沈着を防ぎ、シミやシワを予防し、ビタミンCのコラーゲン合成促進作用で美肌を作ります。

その他、免疫力を高め、風邪を予防したり、ストレスに対しても効果があります。さらにお茶の香りには、リラックス成分が含まれていて、ストレスの解消に役立ちます。このお茶の香りには、青葉アルコールや青葉アルデヒドなど数百種類もの成分が含まれているそうです。

先ほどのテアニンにもリラックス効果があります。その他、緑茶にはビタミンEやカロテンも含まれているため、ビタミンCと合わせて、強力な抗酸化パワーとなっています。しかし、このビタミンEやカロテンは茶葉に含まれており、その効果を得るには茶葉を食べる必要があるのです。

また、茶葉には食物繊維が含まれていますので、茶葉を食べることで、便秘の予防にもなります。茶葉はフードカッターにかけ、粉状にして炒飯にいれたり、天ぷらの衣にしたりすると食べやすくなると思います。

先日、マクロビオティックレシピでは、緑茶の粉末を使った 茄子の緑茶とろろがけ を紹介ました。今後もお茶レシピをUPしていきますので、また参考になさって下さいね。

こうやって緑茶の効果を見てくると、健康だけでなく、美容やダイエットにも効果があることがわかりとてもうれしいですね。

★いつも応援ありがとうございます。お手数をおかけしますが、1日1クリックしていただければ、とてもうれしいです。どうぞよろしくお願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます