|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

ようこそマクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん'sへ

お越しいただき誠にありがとうございます。新しいサイトになりました。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

発芽玄米について(マクロビレシピ)

玄米を水につけておくと、夏場は半日、冬場なら2日程で芽が出ます。この芽を0.5〜1mm程発芽させたものを「発芽玄米」と言います。このように玄米を発芽させることによって、玄米に含まれているアミノ酸の一種であるギャバが3〜5倍にも増えると言われています。

レシピはこちら

玄米の選び方…(マクロビレシピ)

 玄米と言っても白米と同じように本当に色々な種類があります。品種はそれぞれの好みでかまいませんが、もみ殻を取っただけの状態でいただくので、なるべく有機栽培のお米を選ぶようにしましょう。

レシピはこちら

玄米とは?(マクロビレシピ)

玄米とは精米する前のお米のことです。元々お米にはもみ殻がついていて、もみ殻だけを取り除いたものを玄米といいます。さらにぬかや胚芽を取り除いたものが普通に食べられている白いお米となります。玄米にはぬかや胚芽を含んでいるため、しばらく水につけておくと“芽”が出ます。このように“芽”が出たものを『発芽玄米』と言います。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

レシピはこちら

食材 の 陰陽 について

マクロビオティック では全てのものが「陰性」と「陽性」に分けられます。「陰性」と「陽性」の間を「中庸」と言い、その代表的な食品が「玄米」です。

「陰性」の食品は身体を冷やし、身体を緩めると言われています。暑い地域で成育し大地の恵みを受けたもので、夏に収穫され、水分・カリウムを多く含んでいます。どちらかと言えば、葉野菜・果物・大豆製品などは「陰性」に寄ったものが多いと言えます。

味としては甘みのある「中庸」から「陰性」に向かう程、酸味・辛味・えぐみへと変化します。極陰性(最も陰性)の食べ物としては、南国でとれる果物のバナナ・夏野菜の代表のトマト・砂糖・コーヒー・牛乳・アルコールなどがあります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

レシピはこちら

マクロビオティック 食事の基本とは?

マクロビオティック 食の基本は、玄米ごはん・みそ汁・漬物の3品で「一物全体」「身土不二」の原則を守った上で、玄米を主食に野菜・海藻・豆などを副食に陰と陽のバランスを考えて食べるようにします。

マクロビオティックの基本でも述べたように、卵・肉・砂糖・化学調味料は使用せず、水は浄水器を使うか自然の湧き水を使うようにします。注意点として調理時には、ガス・炭・まきを使い電子レンジや電磁調理器などは避けるようにします。

マクロビオティックの主食は玄米中心で…

マクロビオティックでは、1日の食事量の50〜60%を全粒の穀類から摂取します。

全粒の穀類と一言で言っても、玄米以外にもあわ・ひえ・きび・麦など雑穀と呼ばれるものが色々とあります。またそばやスパゲティなどの麺類や、イーストを使わずに焼いたパンなどもあります。

マクロビオティックの副食は野菜・海藻・豆を使って…

副食はこれらのものを、1日の食事量の30〜40%食べるようにします。
その中で野菜は、1日の食事量の20〜30%・海藻と豆で5〜10パーセントになるようにします。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

レシピはこちら

マクロビオティック にはなぜ玄米なのか…?

マクロビオティック では玄米食が中心となります。なぜ マクロビオティック には玄米なのでしょう?それは玄米が陰陽五行説で言う「中庸」の食べ物に位置するからなのです。

陰陽五行説とは数千年も前から中国に伝わる哲学思想で、東洋医学の基本でもあります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

レシピはこちら

マクロビオティック の二大原則

マクロビオティック には2つの原則があり、それに基づいた食事方法を行っていきます。

一物全体
食物全体を丸ごと食べること

身土不二
その土地や季節にあった食物を摂取すること

要するに自分の暮らしている土地で、その季節に採れる旬のものを、野菜であれば葉から根まで全体を皮のついたままの状態でアクをとったりゆでこぼしたりせずにそのまま食べるということ、また穀物であれば精米する前のお米の状態である玄米を食べるということになります。

レシピはこちら

マクロビオティック とは 2

マクロビオティックでは、基本的には肉類や乳製品を摂取しませんので「タンパク質やカルシウムなどはちゃんと摂れてるの?」と心配される方もいらっしゃると思いますが、玄米をはじめとした穀類や豆製品には良質の植物性タンパク質が豊富に含まれているし、野菜や海藻にはカルシウムが含まれているためこれらが不足することはまずないと考えていいと思われます。

レシピはこちら

Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます