|マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's

マクロビオティックの簡単で便利なオリジナルレシピをご紹介しています。マクロビオティックの基本解説とご一緒にぜひご覧くださいね。簡単楽チンだから続いちゃうマクロビ料理レシピであなたもマクロビ生活始めてみませんか。

ようこそマクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん'sへ

お越しいただき誠にありがとうございます。新しいサイトになりました。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

七夕におすすめ簡単レシピ☆オクラと長いものとろろうどんトマトマスタード風味、ヘルシーバナナシャーベット

今日は七夕。
まだ7月も初めなのに今年はすでに8月並みの猛暑。
でもお天気はとっても良さそう♪
今年は織姫様と彦星様も逢うことができそうですね^^
そんな七夕におすすめのレシピを二つご紹介しちゃいますね♪
オクラと長いものとろろうどんトマトマスタード風味


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 





レシピはこちら

そら豆のおつまみ餃子中華風

ホクホクそら豆はピリッと豆板醤風味。
パリパリッと餃子の皮で包んでごま油でこんがり♪
そのままでも食べるのはもちろん、ご飯のおかずにもビールのお供にもピッタリ♪
美肌やダイエットにもおすすめのとても簡単な一品です♪
そら豆のおつまみ餃子中華風



いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 

レシピはこちら

梅干しで免疫力アップ☆アスパラガスと新ゴボウと切り干し大根の梅ごま風味、新ゴボウとナスとエリンギの梅バルサミコ風味、そら豆と新じゃがの梅味噌風味

梅の季節です。
お庭の梅もキレイに色づいています。

梅干しの酸っぱさはクエン酸などの酸によるものです。

このクエン酸の働きで、血行が促進され、新陳代謝活発になり、ダイエットやアンチエイジング、美肌作りなどにも効果があります。

このほか、梅干しに含まれるクエン酸などの有機酸には、疲労物質である乳酸の生成を抑制し、分解する働きがあり疲労回復に効果があります。
また、肩の凝りや腰の痛み、疲れ目などにも効果的です。

さらには、血中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、高脂血症や動脈硬化の予防にも効果的です。

梅干しには、発酵食品のため、乳酸菌を含んでいます。この乳酸菌には腸内に棲む善玉菌を増やす働きがあります。

ヒトの腸内には善玉菌と悪玉菌とが共存し、その総数は常に決まっています。
そのため善玉菌が増えれば、悪玉菌が減少し、お腹の中を健康に保つことができるようになります。
これにより、免疫力も高まります。
こんな嬉しいことづくめの梅干し、色々なお料理で楽しめますよ♪
アスパラガスと新ゴボウと切り干し大根の梅ごま風味


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 




レシピはこちら

絶品!至福のパンケーキとお得ランチ♪

 
元職場の仲間とランチに行ってきました♪
ランチもだけど、今回の目的はパンケーキ♪
これが絶品!ふわふわなんです!!
一度食べたら、みんなハマります!!
スイーツよりビール派の私ですが、ここのパンケーキだけは病みつきです^^
至福のパンケーキ


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 


レシピはこちら

紫外線予防☆茄子とベーコンとトマトの焼きうどん、もやしとニラとトマトのカレーソテー、豆腐となめことトマトのとろとろチャンプルー

梅雨明け前ではありますが、ちょっと晴れた時の紫外線の強さは真夏並みです。
曇りの日でもその強さはかなりのもの。
紫外線を浴びることで、お肌はどんどんと老化しちゃいます。

こんな紫外線の予防に効果的なのがトマト。
トマトには、赤色色素のリコペンが含まれ、このリコペンにはカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もの抗酸化力があると言われています。
リコペンを効率的に摂取するには、『油を使って加熱調理』が基本です。

また紫外線対策には、1日リコペン15 mg、約2個分のトマトを必要とします。
トマトは熟したものの方がリコペン含有量が多くなるので、真っ赤に熟したトマトを選ぶようにします。

トマトを使ったとっても簡単なレシピです♪
もやしとニラとトマトのカレーソテー


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 


レシピはこちら

レシピブログさんの「くらしのアンテナ」に、“紫外線対策でシミ・シワ予防☆麻婆イタリアントマト、オクラとトマトと茄子の柚子こしょう風味、茄子とトマトと豆苗のピリ辛にんにく醤油炒め”を紹介していただきました♪

 
「くらしのアンテナ」に、『紫外線対策でシミ・シワ予防☆麻婆イタリアントマト、オクラとトマトと茄子の柚子こしょう風味、茄子とトマトと豆苗のピリ辛にんにく醤油炒め』を、「カロテンやビタミンC、ビタミンEなど抗酸化成分を含んだトマトと、ナス、豆苗を合わせた野菜たっぷりの紫外線対策レシピ!にんにくにごま油の香りでペロリと食べられます。豆板醤のピリ辛が暑さを吹き飛ばしてくれそうです♪」と言うご紹介文とともに掲載していただきました。
茄子とトマトと豆苗のピリ辛醤油炒め


ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 




レシピはこちら

父の日にワインの健康効果☆茄子入り春雨のアラビアータ、切り干し大根とひじきのイタリアンマリネ、新じゃがと新玉ねぎのソテーローズマリー風味

今日はワインにも合うレシピとワインの効果をご紹介しちゃいますね♪

ワインは、ぶどうを潰し、発酵させて作られたものです。

赤ワインは、ぶどうを果皮や種子丸ごと使い発酵させたものです。
これに対し、白ワインは、果汁だけを発酵させたものです。

ワインと言えばフランス。
そのフランスの料理と言えば、動物性脂肪たっぷりのフランス料理ですが、フランスには動脈硬化や心疾患の人が少ないことがわかっています。その要因が赤ワインだと言うことで「フレンチ・パラドックス」として話題になったこともありますよね。

赤ワインは、ぶどうを丸ごと使うため、ぶどうの果皮や種子に含まれているタンニンやカテキン・フラボノイドなどのポリフェノール類が多く含まれています。このポリフェノールに含まれている抗酸化作用に活性酸素の働きを抑制し、病気を予防する働きがあります。

ポリフェノールの抗酸化作用には、動脈硬化の予防やガンの予防、心臓病の予防、痴呆の予防、降圧作用、老化防止など色々あります。

その他の赤ワインの効果は、ダイエット効果、整腸作用、血行促進などまだまだあります。

赤ワインの抗酸化作用は、熱にも強く、加熱しても変わらないのでアルコールの弱い人は、ワイン煮などにして加熱し、アルコールをとばしてから摂るようにするといいですよ。

白ワインにも赤ワインにはない効力があります。それは強力な殺菌・抗菌力です。
この殺菌力は大腸菌やサルモネラ菌にも効果があるほどです。またカリウムを含むため、塩分を体外に排出し、利尿作用もあります。このため血圧を下げたり、新陳代謝を良くします。
切り干し大根とひじきのイタリアンマリネ


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 





レシピはこちら

父の日に日本酒の効果☆えのきだけとひじきの梅ごまナムル、キャベツのピリッと爽やか塩昆布マヨ和え、ゴーヤ入り夏野菜の精進そぼろ

日本酒は、米に麹を加え、酵母をアルコール発酵して作られます。この発酵により、約20種類のアミノ酸や、ビタミンCなどのビタミン類、さらにミネラルなど100種類もの栄養成分が発生します。
これらの成分が、肩凝り・冷え症の改善、アトピーやアレルギーの軽減、高血圧・動脈硬化の予防、狭心症や心筋梗塞など心臓病の予防、癌の予防や老化防止などの健康効果をもたらします。

特に癌の予防効果は顕著のようです。日本国内では日本酒の消費量の多い地域ほど癌の死亡率も低いそうです。そして癌の予防効果を期待するなら、米・米麹・水だけを原料に作られている純米酒がお薦めです。

純米酒は、合成アルコールを添加した合成酒よりも、発酵により生じるアミノ酸の有効成分が多く、癌の予防には効果的だと言われています。また、純米酒は酵母だけで作られているため、糖分も抑えられています。さらには、抗菌作用にも優れています。
これら純米酒に含まれる有効成分は、加熱しても効果は変わりません。

これからは、冷酒が美味しくなる季節。
日本酒の効果は嬉しいですね♪
ただし、もちろんのこと飲みすぎには注意が必要です。
個人差はありますが一日一合から二合程度までにしておきましょう。

また日本酒が苦手な方やアルコールに弱い方は、お料理に使うことで、この効果を得ることができます。。

加熱しても有効成分は変わらないため、アルコールに弱い方はアルコール分をとばしてしまえば大丈夫。
日本酒の効果を知って以降、何にでもお酒を入れちゃいます。
煮炊きものはもちろん、炒めものや炒飯、焼きそばなんかにも隠し味に少量加えます。
ちょっとお酒を加えるだけで、風味もグッと引き立ち、身体にも良いなんて一石二鳥ですものね♪

また、美白用化粧品の多くには、日本酒の麹酸が使われています。
これは女性に嬉しい効果ですが、なんと、この麹酸には、育毛や養毛の効果も期待できるそうです。
老化により発毛能力の衰えた毛根や頭皮の細胞に働きかけ、育毛を促進する働きもあるそうですよ。
ゴーヤ入り夏野菜の精進そぼろ


いつも応援ありがとうございます
ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、ぜひ応援クリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
 





レシピはこちら

Copyright © マクロビオティック 簡単 料理 レシピ ゆん's All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます